鍼灸を学ぶ学校選びは自分の都合に合ったところを選ぼう

鍼灸師としての資格はまさに一生ものの資格となるので、自分の身体さえ健康であれば定年などを気にすることなくいつまでも鍼灸師として仕事が続けられる点がメリットとしてあります。ただし、鍼灸師となるためには決して低くはないハードルを越えなくてはなりません。はり師の国家試験、きゅう師の国家試験の双方に合格をしなくてはならないからです。国家試験に挑戦し、無事に鍼灸師の資格を取るにはかなりの努力を必要とするはずです。また、鍼灸師になるには鍼灸専門学校や大学に入学をして学習を続けて所定の単位を取得する必要があります。鍼灸専門学校や大学といった学校で専門知識や技術を身に付けなくては鍼灸師の国家試験に挑戦することは出来ません。ただし、鍼灸師となるためには大学に入学をした場合に鍼灸になるための学習だけではなく一般教養なども学習する必要がありその分だけ学習に費やす時間が掛かってしまうことになり最短でも四年間という時間を要することになります。それに対して鍼灸専門学校では鍼灸に関する専門知識や技術の取得にほとんどすべての時間を充てることができるため、最短で三年間で鍼灸師の国家資格に挑戦することができます。鍼灸師を目指すために学校を選ぶ際にはその点を踏まえてご自分の都合に合った大学や専門学校を選択しましょう。

鍼灸専門学校で受験資格を獲得しよう

鍼灸師は、柔道整復師と並んで人気のある資格ですが、資格を得るためには受験資格を得る必要があります。鍼灸専門学校は受験資格を得ることのできる学校であり、同時に鍼灸師として活躍できるだけの十分なスキルを得られる学校です。鍼灸師になるためには独学では無理で、厚生労働大臣認定の学校を必ず卒業しなければなりませんので、鍼灸師になりたい方は鍼灸専門学校に通いましょう。
鍼灸専門学校は全国に沢山ありますので迷うところですが、カリキュラムや校風が自分に合う所を探しましょう。ホームページやパンフレット、オープンキャンパスなど学校のことをよく知る機会はあります。最低でも3年間は通学する必要がありますので、じっくりと考えた方が良いです。
鍼灸専門学校の中には、治療院を併設しているところもあります。そうした所は、臨床実習の時間が充実しているので、より実際の現場で活かせる技術や知識が得られるのでおすすめです。授業料は100万円代のところが多く、特別に高いという訳ではなく専門学校の平均くらいです。ただ、人によっては学費の捻出が大変なこともありますが、鍼灸専門学校の中には奨学金制度を設けているところも多いので活用しましょう。

実績が高い鍼灸専門学校を選ぶメリット

鍼灸師は、はり師ときゅう師の資格を持った人のことであり、両方とも別の資格です。両方の資格があれば医療やスポーツ、美容分野で活躍できるますが、鍼灸専門学校であれば両方の受験資格が得られます。したがって、鍼灸師になりたい方は鍼灸専門学校を選びましょう。学校によっては、併せて柔道整復師の受験資格が得られるところもあります。ダブルライセンスを持っていれば将来の活躍の幅が広がるため、興味がある方は学校選びの参考にしてください。
はり師・きゅう師の国家資格の合格率は、いずれも80%前後となっています。しかし、学校によっては合格率が90%以上の所があります。真剣に将来鍼灸師になりたい場合は、合格率が平均を超えている学校を選びましょう。なぜなら、合格率が高いということはカリキュラムが合格に必要なレベルになる内容となっていることや、学生の質が高いので刺激を受けながら勉強することができます。合格率の低いところは、どこかに問題を抱えている可能性が高いので、勉学にふさわしい環境を備えている学校を選んだ方が夢に近づくことができるでしょう。もちろん、環境が自分に適しているかどうかも重要な要素なので、体験授業やオープンキャンパスを活用するなどして自分に合う鍼灸専門学校を探すべきです。


今の時代は手に職!鍼灸師希望なら鍼灸学校《東洋鍼灸専門学校》で国家資格を取得しませんか?《東洋鍼灸専門学校》ではイベントも目白押しで一丸となって楽しみながら勉強できます!

information

首のお灸

これから求められる人材の鍼灸師を目指すなら専門学校へ

現在主流の西洋医学に基づいた治療を行う病院などでよく診察してもらっているお医者様とは違い、東洋医学をもとに身体の不調を整えていくのが鍼灸師です。昔ながらの鍼灸は人体にあるツボに刺激を与えて効果を出す治療法です。身体に優しく、妊婦さんや授乳中の方など、お薬を飲むことが難しい方にも治療をすることが…

4種類のお灸

卒業後も学び続けられる鍼灸専門学校

スポーツで酷使した肉体のケアをすることでアスリートをバックアップしたり、老化した肌に施術することでアンチエイジングをする美容鍼灸など、鍼灸師の活躍の場はどんどん広がっています。スポーツや美容業界に卒業後進む人は多いですが、これらの業界に加え、近年では人手不足が深刻な介護業界で、お年寄りのケアを…

美容鍼

鍼灸師になるなら専門学校で学ぼう

鍼灸師になりたいのであれば鍼灸専門学校で学ぶのが早道です。学校で学ぶ利点は、実践に役立つ技術が様々な授業で学ぶ事が出来る点です。学校内に付属の治療院を持っている学校もあり、実技実習と臨床実習を同時に学ぶ事が出来るのが大きなメリットになります。学校で学ぶ事で鍼師と灸師という別々の国家資格のライセ…

二本の鍼

鍼灸専門学校で学ぶ事の出来る将来の仕事

鍼灸専門学校で学ぶ事で出来る将来の仕事には、どのようなものがあるでしょうか。こういった就職先しかないのではないかと狭く物事を考えてしまうと、せっかくなりたいと思ったのに諦めてしまう可能性もあります。鍼灸の技術を学校で身につければ、鍼灸院や接骨院が代表的な就職先になります。しかし他にも老人ホーム…